刺青・タトゥーについて

  • 「ファッション感覚で入れてしまった」
  • 「アートメイクだから問題ない」
  • 「すぐ消せるからと勧められた」
  • 「何となく入れてみたくて」
近年、タトゥー・刺青やアートメイクを入れてしまいって後悔し相談に来られる方が増えています。「ファッション感覚で入れてしまった」「すぐ消せるからと勧められた」などタトゥーや刺青を入れるきっかけはそれぞれあります。

タトゥーや刺青、アートメイクが原因で起こるトラブルはどのようなものがあるか考えてみましょう。

刺青・タトゥー(TATTO)・入れ墨・アートメイクの問題点

  • ・結婚や就職の問題
  • ・新たな恋愛
  • ・プールや公共施設の入場制限
  • ・流行のアートメイクの変化

刺青・タトゥー、アートメイクの社会問題

厚生労働省は「針先に色素を付けながら、皮膚の表面に墨等の色素を入れる行為」を、医師免許を持たないものが行った場合、医師法第17条に違反になると2001年に各都道府県の衛生主管部長宛てに通知しています。

医政医発第105号、平成13年11月8日付にて、「医師免許を有しない者による脱毛行為等の取扱いについて」という題で通知があったことが厚生労働省ホームページで明らかにされています。その一部を抜粋します。

記:
第1.脱毛行為等に関する医師法違反の適用
(1)用いる機器が医療用であるか否かを問わず、レーザー光線又その他の強力なエネルギーを有する光線を毛根部分に照射し、毛根頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為
(2)針先に色素を付けながら、皮膚の表面に墨等の色素を入れる行為
(3)酸等の化学薬品を皮膚に塗布して、しわ、しみ等に対して表皮剥離を行う行為

自身でタトゥーや刺青を入れる以外、サロンやタトゥースタジオなどのタトゥー・刺青やアートメイクは医師法や傷害行為に抵触すると思われますが免許を持たない者が行っているケースも少なくありません。

また、サロンやタトゥースタジオはご本人の承諾を得ていても、医療機関ではないので、その後に起こる様々なトラブルに対応ができず、近年トラブルが問題となっています。

<トラブル例>
【針の使い回しによって起こる感染症】
血液を媒体としてB型肝炎やC型肝炎に罹患するリスク

【合成塗料などによるアレルギー】
塗料などによる拒否反応
このようなトラブルが社会問題になりつつある昨今、
安易に入れることは避けた方がよいでしょう。

「入れるより大変なタトゥー・刺青除去」

近年、タトゥーはファッションの一部として若い世代を中心に広がってきました。しかし、日本ではタトゥーはあることでの制限も多く消したいと思っている方も増加傾向にあります。
1度入れたタトゥーを消すのは容易なことではありまえん。タトゥーを消すとなると肉体的な負担もちろん、保険が適用されないため、金銭的にも大きな負担がかかってきます。
タトゥー・刺青を除去する方法はレーザー治療やタトゥー・刺青の色素が入っている皮膚を切除する切除法、皮膚表面を削るアブレーション、他の場所から皮膚を移植する方法等がありますがいずれも傷跡は残ってしまいます。
当院では新しいレーザー機器も導入していますがタトゥー・刺青の色やインクの種類、色の入っている深さなどにより施術時間や施術回数も変わってきます。また、治療の効果には個人差があります。

タトゥー・刺青・アートメイクを消すにはクリニック選びが大事です

タトゥー、刺青、アートメイク消したいと決意したら何を基準にクリニックを選べばよいのでしょうか。
ここでは、クリニックを選ぶ際のポイントを見ていきましょう。

POINT01

形成外科または外科出身の医師である事
外科的手術によるタトゥー除去の場合、皮膚の余裕を見越してのデザイン、切除した際の処置や予測等が非常に重要です。形成外科専門医はヤケド等による植皮や、外傷の治療も行うため、切除や移植のスペシャリストと言えます。形成外科、外科出身で高度な技術をもつな医師選びが重要です。

POINT02

豊富な治療方法があるクリニック
最近ではレーザーによるタトゥー除去のみ行っているクリニックもあります。しかしタトゥーや刺青は彫りの深さや入っている場所、大きさ、色、ご希望の治療期間(ライフスタイル)により治療法は異なります。ご自分の状態や状況にあう治療法を提案してもらえるクリニックを選ぶことが大切です。

POINT03

治療の症例数が多いクリニック
タトゥー・刺青、アートメイク除去には様々な治療方法を数多く手がけているクリニックを選ぶ事が大切です。
※本サイトでは、症例の掲載にご承諾いただいた写真のみを掲載しています。ご来院された際に当院で受けられた方の様々な症例写真を実際に閲覧できます。

刺青・タトゥー除去の治療法について

タトゥー・刺青は彫りの深さ、色、大きさに適した治療方法を選ぶ必要があります。
また患者様のライフスタイル(結婚が決まったから早く消したい、できるだけきれいに消したい、予算内で治療がしたい等)も様々です。
当院では、あなたに適した治療法をご提案いたします。まずは、無料カウンセリングにてご相談ください。

  レーザー治療 切除法 剥削(はくさく)法 植皮術
治療回数 1回〜 基本1回 基本1回 基本1回
色の制限 全て可能 全て可能 全て可能 全て可能
大きさの制限 ほぼ無し 大きさ・形により分割の場合がある 20×20cmまで可能 ほぼ無し
通院日 1ヶ月後
(状態により異なる)
抜糸7日後
(状態により異なる)
術後1週間に1度ガーゼ交換
(状態により異なる)
術後1週間に1度ガーゼ交換
(状態により異なる)
傷跡 ほぼ無し 切開の1本線が残る 火傷の様な跡が残る 皮膚を移植するため、縫い目が残る
入浴 シャワー:当日から
(患部は濡らせません)
入浴:翌日から
シャワー:当日から
(患部は濡らせません)
入浴:抜糸後
シャワー:当日から
(患部は濡らせません)
入浴:1~4週間後
シャワー:当日から
(患部は濡らせません)
入浴:2~4週間後
ダウンタイム レーザー照射後1週間~2週間で表皮が脱皮します 安静の為、包帯固定します。
抜糸の日まで包帯ははずせません
削った部位が乾いてくるまでガーゼ固定が必須。表面上落ち着くのに1~3ヶ月かかります 植皮部位の表面が落ち着くまで1~3ヶ月かかります。しばらくは包帯で固定
費用 1mm(1回)
1,500円
1mm
5,000円※1
7,000円※2
1mm
6,000円※1
8,000円※2
1mm
10,000円※1
13,000円※2

※1:手甲・指、足甲・指 以外 ※2:手甲・指、足甲・指

  • リムーバルレーザー
  • Picoレーザー

アクセス

住所
兵庫県神戸市中央区三宮町1-3-15 京町筋安田ビル6F
相談・予約・電話番号
078-325-1291
診療時間
10:00 – 18:00 完全予約制 (土・日・祝日も診療しております)
相談・予約・受付時間
9:30 – 19:00 年中無休(年末年始除く)

アクセス

◆ JR三宮駅西口から徒歩3分
京町筋アーケード商店街 南端
■JR三ノ宮駅からの道順
JR三ノ宮駅西口より神戸マルイ沿いフラワーロードを海側へ進みます。
国際会館前交差点のみずほ銀行を右折し、約100m進むと右手に『ドトールコーヒー』があり、その6Fが『神戸中央クリニック』です。

タトゥー・刺青除去で気になるお悩みまずは、お気軽にご相談ください。

  • LINE
  • 078-325-1291
  • 無料でメール相談カウンセリング予約